マイナビ転職のモデル年収平均ランキングが高い?

a0002_003655

 

マイナビ転職のモデル年収平均ランキングを見ていて高いと感じました!

 

今回はマイナビ転職のモデル年収についての記事となります。

 

 

はじめに

 

気になるランキングを見かけました。

モデル年収平均ランキング』です。

 

私の感想も含めて、書こうと思います。

 

 

モデル年収とは?

 

モデル年収とは、求人広告や求人票で記載されている年間給与の例示、参考数字です。

 

例として『年収500万円/28歳 プログラマー職 経験2年』のように具体的な職種、担当業務、勤続年数、年齢などを記載されています。

 

注意してほしいのが、必ずしもその年収をもらえるわけではなく、あくまで参考の一つです。

 


スポンサーリンク

 

マイナビ転職のモデル年収平均ランキング

 

マイナビ転職に掲載された求人のモデル年収例を年齢別に集計したようです。

(調査対象:2014年1月1日~2015年12月31日の平均値)

 

当ブログはアラサーを対象としているため、20代後半と30代前半を載せます。

 

20代後半(25~29歳) :478万円

30代前半(30~34歳) :582万円

 

詳しくは年齢別モデル年収平均ランキングをご覧ください。

(他にも職種別、業種別のランキングがあります)

 

これを見てあなたも高いと思われているのではないでしょうか?

 

もちろん年収には、年齢、職種、業種、役割など、さまざまな要素が関係するので職種別・業種別・年齢別で見ないと自分との比較が難しいかもしれませんが、参考程度に見てほしいです。

 

 

感想

 

正直、マイナビ転職のモデル年収平均ランキングを見て個人的に高いと感じました。

 

提示された金額の-100万円でも普通か少し高いと感じるのではないでしょうか?

ちなみにDODAの平均年収ランキングを見ると、30歳の男女を含めた全体の平均年収は420万円のようです。

 

私がもらっていた年収からいっても420万円は信用しても良い数字だと思います。(私はIT系でした)

 

モデル年収は、多くもらっている人をモデルにしたり、企業によっては虚偽の掲載もあるようです。それに残業が多い業界もあるので、ベースは低くても残業で多く見えていることもあります。

 

どの仕事も大変なのに業種によって差があるのはつらいところです。私のIT系は残業ありきですが、良い方かもしれません。

 

 

おわりに

 

今回はマイナビ転職のモデル年収についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ