転勤族を辞めたい場合にできることは?単身赴任が嫌なら?

転勤族

 

転勤が多すぎて仕事を辞めたい…

 

今回は転勤族を辞めたい場合にできることについての記事となります。

 

 

はじめに

 

転勤族(てんきんぞく)とは、会社などで労働していて、いくつかの支社などに勤務先がよく移動する・転勤する人のことです。

 

入社時は転勤することに何の問題がなくても、時間が経っていろいろあるうちに転勤族を辞めたいと思う方も多いです。

 

私自身は転勤をしたことはありませんが、友人の体験からどうしたかや考えをお伝えします。

 

 

転勤族で問題が起こった!

 

面接時にブラック企業でもない限り、転勤することは伝えられるとは思いますが、はじめはいろいろな場所に行けて喜んでいた独身の友人がいます。

 

転勤族でも1年で数回転勤する方もいるようですが、友人は約3年で1度でした。関東に住んでいた友人でしたが、職場は長野県に決まりました。友人にとって、長野は住みやすかったようで何の不満もありませんでしたが、次の転勤先が静岡県になり、今度はかなりの田舎のようで、生活自体に馴染めなかったようです。

 

結局、生活が合わないだけでなく、職場も合わなくなったため、静岡県では1年も我慢できず会社を辞めてしまいました

 

もう一人の友人は、家族を持っていて、いつも不安になりながら『いつか単身赴任した方が良いのかな…』と話をすることが多いです。子供も大きくなってくると学校に通うので、転校しないといけなくなりますし、奥さんも新しい生活に馴染めなくうつになってしまうことも少なくありません。

 

そういった状況になるのは、やはり、友達など、つまり気軽に相談できる方がいなくなるためです。なので、今そのような状況になっている場合、未来も考えてどうしていこうかを決めていくのが良いかと思います。

 

 

転勤族を辞めたい場合にできることは?

 

転勤族を辞めたい場合にできることは、上司に相談する、会社を退職するしかないと思っています

 

基本的に会社の方針というのは変わることはありません。変わるなら自分が行動して変わるしかありません。なので、上司に相談して転勤をしないようにするか、退職して転勤がない会社に転職するしかないと思います。

スポンサーリンク

 

会社によっては、所帯を持ったら転勤はしないところもあるように言われますが、実際のところはわかりませんし、確実なのは転勤がない会社に転職することです。

 

転勤族は、独身ならまだ良いですが、家族を持ったら自分だけの悩みではなくなるため、今後どうしていくかを家族で決められるのが良いかと思います。

 

 

転勤族で単身赴任が嫌なら?

 

転勤族で単身赴任が嫌なら、転勤族を辞めるか、家族についてきてもらうかだと思います。

 

とはいえ、転勤は回数が多いと家族も精神的にまいってしまうこともあるため、個人的には転職も検討した方が良いです。

 

転勤は手当がついたり、給料が高いなどもありますが、会社によっては海外勤務になる可能性もあったり、家族が生活に馴染めないこともあります。

 

人生が終わる時に後悔することの中で、もっと子供や家族と過ごす時間を長くすれば良かったともあるようなので、後悔しないように決められるのが良いかと思います。

 

 

仕事を辞める前にするべきこと

 

退職することを決めていても、考え中でも、間違いなく転職サイトに登録することだけはした方が良いです。会社を辞めるとなった時に転職活動をするのは、余裕がなくなっていることが多いからです。

 

転職を少しでも考えているなら、まだ応募はしなくてもどんな企業があるのかだけでも見ておいた方が、いざ転職活動を始める時にスムーズです。

 

私のおすすめな転職サイトはこちらですが、リクナビネクストに登録している人は多いです。

リクナビNEXTの登録はこちら

 

もし、一人での転職活動に不安がある場合、転職エージェントを利用してみても良いかもしれません。

リクルートエージェントの登録はこちら

 

それぞれ事情はあると思いますので、現在の状況を考慮して、ご家族で決められるのが良いかと思います。

 

 

おわりに

 

今回は転勤族を辞めたい場合にできることについてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ