転職するために自己分析ができない!する方法やツールは?

転職の自己分析

 

転職するために自己分析する方法ってあるの?

 

今回は転職するために自己分析する方法についての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職したいけど、自己分析ができない!

 

ってあなたも思われるのではないでしょうか?

 

転職をするために自己分析はとても重要です。そこで、転職するために自己分析する方法やツールについて、お伝えします。

 

 

転職するために自己分析ができない!

 

転職するために自己分析が重要なのはわかってるけど、できない場合が多いです。そもそも何をすればいいのかがわからなかったり、自分には何もないって思ってしまうことがあるためです。

 

でも、よく考えていただきたいと思います。

 

 

転職するために自己分析する方法は?

 

転職するために自己分析する方法は、次のようなのがあります。

 

自分の経験・できること・やりたいことなどを書き出す

 

今までに自分がどんな会社にいて、どんな仕事をしていて、どんな人たちとかかわってきたなどを書き出します。その中で達成したこと、成し遂げたこと、その達成のためにしたこと、困難だったこと、どうやって乗り越えたかなどを詳しくして、そこからできることを探していきます。

 

そして、やりたいことや興味あることを書き出し、できることから強み・弱みを分析すればいいかと思います。やりたいことがない場合、できることから探したり、逆にやりたくないことやできないことをはっきりさせておきます。

 

 

他人に自分のことを聞いてみる

 

家族や友人に自分のことを聞くことで、自分の性格(長所・短所)や何が好きかの行動パターンがわかります。

 

他にも、転職エージェントに話を聞くと自分のことを整理しやすいです。なので、転職エージェントに登録したり、転職フェアに行くのも良いかもしれません。

 

 

求人情報を見る

 

求人情報を見ることで、やりたいこと・自分の興味あることを探せるかもしれません。そのためには、転職サイトに登録した方が良いです。

 

転職情報もわかりますし、転職体験記などもあったりします。

スポンサーリンク

 

 

適職診断などを受ける

 

転職サイトには適職診断、市場価値診断、転職力診断などをしていることが多いです。ハローワークでも受けたことがありますし、個人的には、適職ではないですが、@typeの転職力診断テストは参考になりました。

 

 

転職するために自己分析するツールは?

 

ツールというより、前述した適職診断などを受けられるサイトがあります。

例えば、『あなたの夢を探す!適職診断』です。

 

ただ、適職診断はあくまで参考にして、自分がどういった仕事をしたいのかやできることから探していくのが良いかと思います。できないことでもやりたい仕事のために努力できるなら問題ありません。

 

そして、自分の強みがわかるリクナビNEXTの『グッドポイント診断』、本当の価値を見出す転職サービス『ミーダス(MIIDAS)』というのもあります。質問が多いですが…

 

適職診断を受けなくても、だいたいやりたいことを決まっていることが多いので、問題ありませんが、やりたいことがあっても転職できなければいけません。

 

転職するために市場価値診断、転職力診断などを受けて自分を知ることが重要です。個人的には、@typeの市場価値診断テスト転職力診断テストは参考になりました。

 

様々な転職サイトに登録して、転職について知ったり、転職体験を読んだりなどすることで、転職するための参考になるのではないかと思います。

 

 

転職するために自己分析のまとめ

 

  • 適職など基本は、自分の経験・できること・やりたいことから探したり、他人に自分のことを聞いてみたり、転職サイト・求人情報などを見たりする。
  • 自分の強みは、リクナビNEXTの『グッドポイント診断』というのもある。
  • 転職するために市場価値診断、転職力診断などは受けた方が良い。

 

とにかくいろいろ知ることが重要です。知らないことが多いとそれだけ選択できることも少なくなるからです。

 

 

おわりに

 

今回は転職するために自己分析する方法についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

@typeの転職力診断テストとは?年収や内定社数を無料で診断?

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ