上司に怒られた泣ける…翌日の対応や対処法を紹介!

 

上司に怒られた泣ける…

 

今回は上司に怒られた翌日の対応や対処法についての記事となります。

 

 

はじめに

 

上司にこっぴどく怒られました…泣きました…辞めたい…なんてことありますよね。

 

私は泣きはしなかったものの、かなり怒られたことがありますし、人によっては毎日怒られてライフはもう0という人もいるかもしれません。

 

しかも、上司に怒られた翌日・次の日以降、上司と話すのが気まずいと悩まれるかと思います。

 

なので、上司に怒られた翌日の対応や気持ちの切り替え方など対処法をお伝えします。

 

ただ、パワハラをするような上司だったり、自分に悪いところ・落ち度がなく理不尽に怒られるような場合、どんな対処をしたところで無駄になることが多いです。

 

精神的に病まないために、すぐにでも部署異動や転職など離れた方が良いです。

 

職場に嫌な人がいるならどうする?気にしない方法や対処法はあるの?

 

 

上司に怒られた翌日の対応はどうする?

 

上司に怒られた翌日の対応はどうするかは、特に気にしないで普段通りでいることです。

 

怒られた時に『考えてこい!』など何か言われている・宿題があるならその答えを考えて言う必要がありますが、怒られた時にその場で謝るなど完結しているなら気にする必要はありません。

 

正直、できることは『その上司に怒られた原因を次は起こさないようにしていくだけ』です。

 

仕事でミスしたり、何度も同じミスを繰り返したり、報告忘れや遅刻、スケジュール遅れなど怒られる原因は様々ですが、少しずつでも改善すれば良いです。

 

翌日朝一で再度謝罪する人も多いですが、上司によって変わるものの基本的にはしなくて良いです。

 

ただ、あくまで間違った行いに対して上司に叱られた場合で、前述したようにパワハラや理不尽に怒るような上司の場合は意味ないです。

 

機嫌が悪かったり、気に食わないなど意味不明な理由はどうしたって改善できないため、その上司から逃げることも考えた方が良いです。

 

 

上司に怒られた時の対処法は?

 

『あんな言い方しなくてもいい』と怒られたことにへこんだり落ち込んだりすることも多いかと思います。

 

上司に怒られた時の対処法は、怒られた原因を反省して同じ過ちを繰り返さないようにし、あとは気にしないことです。

 

  • なぜ怒られたのか?
  • どうしてミスをしてしまったのか?

 

をよく考え、どのようにすればミスを防げるのか対処することが大切です。

スポンサーリンク

 

とはいえ、気にするなと言われても性格で気にしてしまうこともあるかと思います。

 

なので、

  • 趣味など楽しむ
  • ストレス発散する
  • 考え方を変える

など、していくことが良いかと思います。

 

楽しむことは、テレビやブルーレイなどを視聴する、漫画を読む、ゲームをする、音楽を聴く、食べまくるなど人によって違いますし、方法はいくらでもありますが、おすすめは『考える余裕がないように身体を動かすこと』です。

 

そして、疲れてぐっすり寝るのが一番です。

 

さらに、考え方も変えた方が良いです。この仕事が全てと思う必要はありません。

 

正直、会社や仕事なんていくらでもありますし、上司にしたって辞めてしまえば上司とは上下関係なくただの人です。なので、いざとなったら会社を退職すれば良いわけです。

 

確かに生活があり、耐える・我慢するべき状況があることも確かですが、うつなど精神的に病んだり、病気になってしまってからでは遅いです。

 

最悪の場合に備えて、いつでも転職活動できるという準備をしておくだけでも気持ちが楽になると思います。

 

 

最終手段は転職!

 

対処法をお伝えしましたが、どうしても気にしたり、そもそも上司や職場と相性が悪く頑張っても怒られる、よほどひどいことがあるかもしれません。

 

なので、最終手段は転職です。

 

もちろん、上司のさらに上司に相談して部署・職場を変えることもありですが、どうしてもかかわりたくないほど嫌な場合、確実なのが転職です。

 

最近では退職代行も大人気なように、退職も以前より気楽にしやすくなりました

 

例えば、こんな退職代行サービスがあります。

 

退職代行Jobsの詳細はこちら

 

汐留パートナーズ法律事務所の退職代行サービスの詳細はこちら

 

そして、転職するなら転職サイトには登録しておいた方が良いですし、転職力診断テストなどで自己分析はしておいた方が良いです。

 

私のおすすめの転職サイトはこちら

 

転職力診断テストについてはこちら

 

最悪、転職すれば良い!と思うことで気持ちに余裕ができ、怒られていても追い詰められることがなくなるはずです。

 

自分に落ち度があるのに気にしないのは反省してほしいですが、そうでないなら気にしないように、考え方・マインドを変えていってほしいと思います。

 

 

おわりに

 

今回は上司に怒られた翌日の対応や対処法についてお伝えしました。

 

まとめると、上司に怒られた翌日の対応や対処法は、以下となります。

 

  • 上司に怒られた翌日の対応はどうするかは、特に気にしないで普段通りでいる。
  • 上司に怒られた時の対処法は、怒られた原因を反省して同じ過ちを繰り返さないようにし、あとは気にしないこと。
  • 気にし過ぎる時のおすすめは、考える余裕がないように身体を動かしぐっすり寝る。
  • 最悪、転職すれば良い!

 

いつまでも引きずらず、気持ちを新たにするのが良いかと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いです。まずは転職力診断テストを受けて自己分析してみてください。

こちらの転職サイトに登録することで転職力診断テストを受けることができます。登録は無料です。


登録はこちら⇒転職サイトtype


実際に転職力診断テストを受けた私の感想はこちらです。


typeの転職力診断テストとは?年収や内定社数を無料で診断?

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ