履歴書と職務経歴書の違いは?職歴の書き方は?

書類

 

履歴書と職務経歴書の違いがわからない…

 

今回は履歴書と職務経歴書の違いについての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職活動で面接をするときに必要となるのが職務経歴書です。就職活動のときは履歴書だけだったので、私もはじめは職務経歴書がよくわかりませんでした。

 

私の体験を含めて、お伝えします。

 

 

履歴書と職務経歴書の違いは?

 

履歴書に書く内容は、名前、生年月日、現住所、連絡先、学歴・職歴、免許・資格、退職理由、志望動機・特技、通勤時間・扶養家族数・配偶者、本人希望記入欄などで、その人物の基本情報を伝える書類です。

 

職務経歴書は書式が自由である点も大きな違いですが、書く内容は、年月日、名前、職務経歴概要、会社履歴、得意とする経験・分野・スキル、職務経歴詳細、自己PRなどで、その人物の、どのような仕事をして、どのようなスキルを経験したかなど職務経歴を詳しく伝える書類です。

 

具体的には、入社に始まり、配属先、携わった期間・業務内容・役割です。乗り越えたことや作業で工夫したこと、賞をもらったなどもできるだけ書きます。

 

私はIT系だったので、上記以外に具体的なプログラム言語や環境、担当フェーズ、プロジェクト規模、チーム人数なども書いています(PCで作成)。

 

ただ、履歴書にも『職歴』とあって、職務経歴書の『職歴』との具体的な違いがわからないかと思います。

スポンサーリンク

 

 

履歴書と職務経歴書の職歴の書き方は?

 

履歴書の職歴の書き方は、勤務先の会社名、部署名(配属先)、役職、入退社日を書きます。主任や課長など昇格したタイミングを書くのも良いです(私はなっていないので、書いたのは入社・配属・退社くらいです)。

 

具体的には、左側の年月の箇所はそのとおり書いて、右側の職歴には、以下となります。

 

1行目:○○株式会社 入社

2行目:□□開発部に配属

3行目:都合により退社

4行目:以上(右側に書く)

 

在職中であれば、2行目は『□□開発部に配属 現在に至る』で3行目がない(4行目が3行目にくる)です。もし、何回か転職しているなら、その経歴も書いていきます(1~3行目の繰り返し)。

 

職務経歴書の職歴の書き方は、具体的には以下となります。

 

1行目:○○株式会社 入社

2行目:□□支店に配属

3行目:キャラクター商品売場の企画を担当

 

3行目をできる限り詳しく書きます。

 

私はIT系なので、開発期間、業務内容、担当フェーズ、環境・言語、役割を一覧として書いていました。担当した職務の詳細(自分がどんなことをしたか)、どんなスキルを経験したか・学んだこと、仕事の実績や成果を詳しく書いていけば良いです。

 

あくまで私の場合となりますが、相手に伝われば問題ないと思います。転職者用の履歴書を購入すると、説明書(記入例)がついてくると思う(私が購入したのは、履歴書と職務経歴書で記入例もありました)ので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

 

おわりに

 

今回は履歴書と職務経歴書の違いについてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ