週休2日制と完全週休2日制の違いに土日祝日の罠?

週休2日制と完全週休2日制

 

週休2日制と完全週休2日制の違いなど、ご存知ですか?

 

今回は週休2日制と完全週休2日制の違いに土日祝日の罠?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

最近、とある記事を見たところ、週休2日制と完全週休2日制について書かれていました。どちらも週に2日休めるんでしょ?って思われているあなた!注意が必要です。

 

週休2日制と完全週休2日制の違いは何なのか…?

 

 

週休2日制と完全週休2日制の違いは?

 

週休2日制とは、1ヶ月の間に1回以上週2日の休みがある週があることです。なので、それ以外の週は、休日が1回しかないこともあります。例えば、土・日曜日が休日で、年に何回か出社日があるなども考えられます。

 

対して、完全週休2日制とは、毎週必ず2日間の休みがあることです。基本的に週休2日制と言えば完全週休2日制をイメージされることが多いと思いますが、実は違っていたんです。

 

それに、完全週休2日制でもまだ油断はできません。それはいつの曜日が休みなのか?ということです。

スポンサーリンク

 

 

土日祝日の罠?

 

完全週休2日制だからといって、必ず土日が休めるわけではありません。違う曜日かもしれません。それに祝日は必ず休めるわけではなく、出勤日の可能性もあります。

 

なので、土日祝日をしっかり休みたいなら、求人情報の待遇などで『完全週休2日制(土・日)、祝日』などと記載されているかを確認した方が良いわけです。

 

もちろん、夏季休暇、年末年始休暇なども確認しておいた方が良いです。

 

 

私が勤めていた会社の求人情報を見てみた結果…

 

私が勤めていた会社は、必ず土日が休みの完全週休2日制で祝日も休みでした。それで求人情報の休日休暇の項目を見たら、『完全週休2日制(土・日)、祝日』と書かれていました

 

それどころか夏季特別休暇、年末年始休暇はもちろんのこと、特別休暇(結婚、出産、育児、介護、病気、忌引、リフレッシュ休暇)などもあって待遇は良かったなーっと改めて思いました。

 

基本的に完全週休2日制(土・日)、祝日の認識だと思いますが、ブラック企業の場合、そうでない可能性もあるので、求人情報に記載がなかったら、面接で確認した方が良いと思います。

 

とはいえ、完全週休2日制といっても、繁忙期で仕事をすることもありますが、そこはビジネスなので仕方ないところではあります。

 

 

おわりに

 

今回は週休2日制と完全週休2日制の違いに土日祝日の罠?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ