転職活動する時に有給はとる?会社を休む理由に取れない場合は?

転職活動する時に休む

 

転職活動する時に有給はとった方が良いのか?

 

今回は転職活動する時に有給はとる?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職することを決めて転職活動するわけですが、面接の日などは年次有給休暇(年休・有給・有休)をとった方が良いのか悩まれるかと思います。

 

退職後に転職活動するなら、時間は調整できますが、在職中だとなかなか難しいこともあるかもしれません。

 

転職活動する時に有給はとるのか、私の考えをお伝えします。

 

 

転職活動する時に有給はとる?

 

転職活動する時に有給はとるかは、面接の時間や相手の企業によります

 

もし、相手が提示した面接日程があなたの勤務時間中である場合、もちろんですが、有給をとらないと面接を受けることができません。

 

なので、有給を取得することを検討しますが、その前に面接を受ける企業に勤務時間終了後にできないか調整した方が良いです。相手側も在職中に転職活動している大変さを理解してくれることもあるからです。

 

逆に忙しい時期の場合、有給をとることに疑問を感じる面接官の方もいるなど、様々ですので、有給をとるとしても午前休や午後休の半休にしたり、有給に理解がない職場の場合、半休をとるものの、面接時間に間に合うくらいまで仕事をするなど、会社や状況によって決められるのが良いかと思います。

 

とはいえ、転職した人で有給休暇などの休みを取った方は意外と多いですし、それに役員面接など、多忙な人が複数同席する場合、応募者都合で時間の変更ができないこともあるので、本当にその会社に入社したいなら、有給をとらないといけない場面もあります

スポンサーリンク

 

 

転職活動する時に会社を休む理由は?

 

転職活動する時に有給をとりたくて悩むのが、会社を休む理由です。転職活動する時に会社を休む理由は、私用で問題ありません

 

基本的に有給休暇の取得に理由は必要ありませんが、もし、理由を言わなくてはいけない場合、体調不良や家庭の事情で休まれる方が多いです。他にも、役所や銀行に行くという理由の方もいました。

 

ただし、通院や工事の立会いなどを理由として言って、具体的な日時などを聞かれることもあるかもしれませんので、嘘だとばれないように注意が必要です。

 

有給をとる場合、現場にもスケジュールがあるので、とりづらくても、早めに申請するのが良いかと思います。

 

 

転職活動する時に有給が取れない場合は?

 

転職活動する時に有給が取れない場合は、終業後の夜や土日など休日に面接できないか相談して調整した方が良いです。

 

相手も理解してくれることもありますので、相談することで調整してくれる可能性もあります。良ければ、在職中の転職活動で土日と平日にできることは?休めない場合の記事もご覧ください。

 

どうしても調整できず、有給も取得できない場合、その企業を諦める必要もあるかもしれません。なので、状況によって無理しても有給をとるか、理解しない企業だと思って諦めるかなど、判断されるのが良いかと思います。

 

ただ、転職エージェントを利用することで対応してもらえることもあるかもしれませんので、登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントについてはこちらをご覧ください。

 

 

おわりに

 

今回は転職活動する時に有給はとる?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ