転職活動のやる気がでない時どうする?出す方法とは?

転職のやる気を出す

 

転職活動のやる気が起きません!

 

今回は転職活動のやる気がでない時どうする?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職することを決意して、転職活動を始めるわけですが、転職活動するやる気が起こらなくなってしまう方もいます。

 

転職活動のやる気がでない時にすることを私の体験を含めてお伝えします。

 

 

転職活動のやる気がでない理由は?

 

転職活動のやる気を出すためには、まず、何が原因でやる気が出ないか、つまり、転職活動のやる気がでない理由を知っておくことが大切です。

 

転職活動のやる気がでない理由で考えられることは、以下があります。

 

  • 転職活動しても採用されず、疲れた。
  • 履歴書や職務経歴書を書くのが面倒。
  • 自分が良いと思う・行きたい求人がない。
  • 在職中の会社の居心地が実は悪くない。
  • 退職の後悔や今後の不安で気持ちが不安定。

 

などです。やる気というより、仕事が忙しくて時間がない、家庭の事情や経済的な理由で転職活動ができない場合を除いています。

 

多いと感じたのが、転職活動してもなかなか内定・採用されず、疲れた人です。でも、採用されないということは、転職活動に慣れるのは良くても、それまでにかけた時間は無駄になるので、やる気が起きなくなる気持ちもわかります。

 

特に求人情報や面接で話した感じで、本当に自分が行きたい・働いてみたいと思えた企業に落ちた時は、かなりショックだと思います。

 

では、転職活動のやる気がでない場合、どうするのかです。

 

 

転職活動のやる気がでない時どうする?

 

転職活動のやる気がでない時どうするかは、やる気がでない理由・原因を特定して改善することです。

 

前述したことを想定すると以下のようになります。

 

  • 転職活動しても採用されず、疲れた ⇒ 期間を決めてゆっくり休む
  • 履歴書や職務経歴書を書くのが面倒 ⇒ パソコン入力などにする
  • 自分が良いと思う・行きたい求人がない ⇒ 自分が良いと思う・行きたい求人が出るのを待つ、とりあえず面接を受けて話をする、転職フェアに行く
  • 在職中の会社の居心地が実は悪くない ⇒ 転職活動を辞めて、転職しない
  • 退職の後悔や今後の不安で気持ちが不安定 ⇒ 誰かに相談する

 

原因によってすることも変わりますが、基本的には、期間を決めてゆっくり休む、転職活動する日・曜日を決める、誰かに相談するなどです。

 

やはり、心身ともに休んだり、自分のペースで転職活動したり、愚痴も含めて誰かに相談する・言うだけでも気分は楽になるかと思います。

スポンサーリンク

 

履歴書や職務経歴書をパソコン入力にするのは、企業によって考慮する必要はあるかもしれませんが、パソコン入力した履歴書・職務経歴書で面接を受ける方もいます。良ければ、転職で履歴書と職務経歴書は手書きとパソコン入力のどっち?の記事もご覧ください。

 

そして、応募して落ちるごとに気分が落ちてやる気が下がってしまうので、一社ずつではなく、三社など複数、どんどん応募して落ちて、落ち込むにしてもまとめて落ち込むことで、やる気が下がる回数は減るかもしれません。

 

正直なところ、人によって能力も状況も違いますし、自分の人生なので、所帯を持っていたりなどしないのであれば、自由にされるのが良いかと思います。

 

 

転職活動のやる気を出す方法とは?

 

転職活動のやる気を出す方法とは、未来を考えることです。転職することにより未来で得すること・損することを考え、あの時転職しておけば良かったと後悔しないようにしてほしいです。

 

例えば、現在働いている企業の人間関係・環境が嫌な場合、転職したり辞めるまでその状況は続くわけです。はやく転職すれば、その状況から解放されますが、そのままだと苦しい思いをし続けることになります。

 

他にも、会社の給料が安いと不満がある場合も、転職先の方が高い場合、それだけはやく転職するかしないかで、もらえる金額に差が出てきてしまいます。

 

もちろん、転職先企業の方が今勤めている企業より状況が悪化する可能性もありますが、言えることは行動しないと変わることは、ほぼないということです。

 

ちなみに、もし転職先が在職している企業より悪かったとしてもまた転職すれば良いだけです。1年で3回転職して、自分が納得できる企業に入った私の友人もいます。そうなれば、一度目の転職では失敗だったかもしれませんが、最終的に良ければ、それは成功といえます(終わり良ければすべて良し)。良ければ、転職した友人を見てすごいと感じたこととは?の記事をご覧ください。

 

それに、まだ若いからと安心していても20代後半、30代と年齢が上がることに求められる役割も大きくなったり、即戦力で考えられるので、プレッシャーがすごいです。

 

転職できるときに転職し、転職したらどうしたいか、どうなっていたいかを考え、自分の転職する目的に合った、良いと思う・行きたい企業を探せるように転職活動されるのが良いかと思います。

 

もし、やる気が出ない場合、転職活動を休んでも、たまにでも自己分析、履歴書・職務経歴書の補充・見直し、企業研究、面接対策など、転職の準備はしておくのが良いかと思います。

 

転職の自己分析の方法はこちらをご覧ください。

 

 

おわりに

 

今回は転職活動のやる気がでない時どうする?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ