転職にリスクはあるのか?意識することは?

リスク

 

転職するか悩んでます…

 

今回は転職にリスクはあるのか?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

当ブログでは、転職するのに役立つように、転職の手順をお伝えしています。個人的には、転職したいのであれば、20代ではしても良いと思いますし、30代でも同じ業界・職種なら考えても良いと思っています。

 

とはいうものの、やはり転職は、現在の状態から良くも悪くも変化するため、なかなか一歩が踏み出せないのもわかります。

 

そこで、転職にリスクはあるのかをお伝えします。

 

 

転職にリスクはあるのか?

 

転職サイト『エン転職』に「転職のリスク」についてのアンケート集計結果がありました。

 

アンケート集計結果によると、転職にリスクを感じるが約9割いて、主に転職先がすぐに見つからないことが不安が6割くらいいました。

 

ほとんどの人が転職にリスクを感じているようです。転職先がすぐに見つからないの他に、仕事内容、給与、自分の経験・スキル、人間関係、会社・社風などに関することがありました。

 

個人的にも転職にリスクはあると思います。会社に入って仕事してみないとわからないこともあるからです。中でも仕事内容、給与、人間関係は常についてきます。

 


スポンサーリンク

 

転職先がすぐに見つからないについて

 

一番多かったリスクの転職先がすぐに見つからないについて、見ていると退職後に転職活動しているような意見に感じました。中には、次のような意見がありました。

 

転職先がすぐに見つからなければ、収入がなくなるというリスクがある。それを回避するため転職先を見つけてから退職しようとすれば退職時期と入社時期の兼ね合いが難しい。

 

やはり、退職してから転職活動をすることが前提な感じです。内定が決まったら退職したり、条件はありますが、失業保険の手続きもすれば良いですし、退職時期と入社時期の兼ね合いって確かに難しいですが、今いる会社と転職予定先の会社がブラックでない限り、意外と何とかなります。

 

転職の手順をしっかりしていれば、いいだけです。

 

 

転職で意識することは?

 

転職のリスクを軽減するために、心がけたほうがよい項目で、自分の希望や条件を明確にする、応募前にしっかりと仕事内容や条件を確認するが多いですが、正直そんなの当然です。

 

転職で意識することは、転職の目的を明確にしておくことです。もちろん、全ていい会社なんて、今いる会社がブラックでない限り、ほぼないと思っていいので、優先順位や妥協できる最低ラインも決めておきます

 

そして、できる限り、面接のとき(年収の交渉など)にいろいろ確認しておいた方が良いです。

 

他には、口コミや掲示板で企業名を調べるのも良いかもしれません。規模がそこそこ以上なところだと、悪い評判の場合、結構載っていることがあります。

 

転職先が業界、職種が変わるとしたら、大変なのを覚悟しておいた方が良いかもしれません。

 

 

おわりに

 

今回は転職にリスクはあるのか?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ