IT系に転職するために必要なスキルや知識に有利な資格ってあるの?

勉強

 

IT企業に転職したいです!

 

今回はIT系に転職するために必要なスキルや知識に有利な資格ってあるの?についての記事となります。

 

 

IT系企業に転職することについて

 

IT系に転職したいと思う場合、やはり必要なスキルや知識に有利な資格ってあるの?って疑問に思われるかもしれません。

 

基本的には、20代であれば、会社によりますが未経験でもIT系に転職できることは多いです。現に私の会社や研修仲間の会社でも20代後半や30歳で、IT業界で働いたことがなくても就職・転職で入社した方はいました。

 

ただし、大学や専門学校などで勉強していることは多いです。なので、全く知識がないような完全未経験ではありません。とはいえ、文系大卒や既卒でも20代半ばでは就職できた方もいるので、未経験だからといって諦めることはありません。

 

重要なのは過去ではなく、これからどうしていくかの未来が大切です。30歳近くて完全未経験の場合、かなり大変だとは思いますが、決めるのは自分なので、頑張るなら頑張ってほしいと思います。

 

経験者、未経験など状況は人それぞれだと思いますが、私が感じたことをお伝えしていきます。

 

 

IT転職で必要なスキルや知識は?

 

IT転職で必要なスキルや知識は、正直、面接する企業や面接官によります

 

今まで面接を受けた経験上、基本的には、職歴や知識・考え方を重視しますが、今抱えている案件のプログラム言語を使える方を重視することもあります。

 

どういう役割を希望するかによっても違いますが、即戦力として期待されていることだけは意識しておいた方が良いです。とはいえ、人柄を求めている企業もあったので、本当に様々です。

スポンサーリンク

 

ただ、私が考えるのは、もちろん詳しい得意なプログラム言語があるのは強みで良いですが、IT業界というのは、職場によって使う言語やシステム構成なども全く違うため、どこにいっても対応できる対応力・適応力が重要だと考えています。

 

なので、最低限の、コミュニケーション能力・ドキュメント作成(Word、Excelなどの基本操作)・プログラムの読み書きはできた方が良いです。

 

プログラミングは言語がたくさんできるならすごいことですが、全ての言語を勉強するより、この言語であれば、こういう関数があるからこの言語では?というように一つの言語をマスターし、その言語を軸にしても良いかと思います。

 

 

IT転職で有利な資格ってあるの?

 

IT転職で有利な資格ってあるの?って思いますが、資格よりも職務経歴など実力が大切です。

 

現に転職面接でも、職歴のプロジェクトの中で意識したことや工夫したことなど聞かれましたし、その企業の中心プロジェクトの言語についての知識を聞かれたこともありました。

 

ただ、資格もないよりはあった方が良いです。企業にとっては資格保有がアピールできるからです。

 

なので、もし取得するなら、情報処理技術者試験であれば上級資格、ただ、できれば情報処理技術者試験よりもその分野の国際的(世界)に通用する資格が良いです。例えば、PMPであったり、オラクルマスター(ORACLE MASTER)などです。

 

応用情報技術者試験などを合格していても年齢によっては、評価されないため、仕事に役立つ資格を取得されるのが良いかと思います。

 

 

おわりに

 

今回はIT系に転職するために必要なスキルや知識に有利な資格ってあるの?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

良ければ、IT業界に転職活動中なら転職サイトのおすすめは? 私が登録したのは…の記事もご覧ください。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ