IT転職面接でどんな質問される?自己紹介や志望動機で失敗したことを紹介

IT転職面接

 

IT企業の転職面接ではどんな質問をされますか?

 

今回はIT転職面接でどんな質問される?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

ITの転職面接ではこんな質問がされます!とわかれば楽なのですが、会社や面接官によって様々ですし、そう簡単ではないのが現実です。

 

以前に転職の面接の流れ転職の面接の内容についてお伝えしていますが、今回は、私が実際に面接で質問された体験も含めて具体的にお伝えします。

 

 

IT転職面接でどんな質問される?

 

基本的には、転職の面接の内容の記事でお伝えしたとおりですが、その中で特に印象に残っている質問をお伝えします。

 

IT転職面接でどんな質問されるか、以下の質問が印象に残りました。

 

  • 自己紹介の職務経歴についての質問
  • 技術的な質問
  • 志望動機についての質問

 

以上です。一つずつお伝えします。

 

 

自己紹介の職務経歴についての質問

 

自己紹介や職歴について話すわけですが、『その役割で工夫されたことや努力したことは何ですか?』、『どんな問題が起こってどう解決されたか?』などを質問されました。

 

仕事をするからには、リーダー、メンバーなど役割があります。その役割の中でどう仕事してきたかを伝えれば良いです。

 

例えば、リーダーであれば、会議やメンバー間と共有する時間を多くすることで、遅れや問題点の早期発見をしたり、周知したり、メンバーであれば全員が使えるツールを作り、仕事の効率化をはかったりなど、いろいろあるかと思います。

 

面接官が開発者寄りの方だと、質問も面倒ですが、正直に答えた方が良いです。

 

 

技術的な質問

 

企業側の中心案件やちょうど抱えている案件などがある場合、そのプログラミング言語についてだったり構成の質問をされることがあります。

 

私が受けた企業が主にJava言語を扱っていたときは、『MVCモデルでの開発経験はありますか?』と聞かれたこともあります。

 

他にもSQLも聞かれたこともあるので、嘘はつかずに正直に答えて、これから勉強するなど伝えれば良いと思います。

スポンサーリンク

 

 

志望動機についての質問

 

志望動機は年収、仕事内容、勤務地などいろいろあるかと思います。そして、会社のHPなどを見て入りたいと思ったことを答えますが、汎用的な回答だと、『当社と同じような企業は多くありますが、その中でなぜ当社なのですか?』と聞かれることもあります。

 

なので、会社のHPをしっかり確認して、この技術というより、このプロジェクトに興味を持ったなど伝えるのも良いかと思います。

 

 

IT転職面接で自己紹介や志望動機で失敗したことは?

 

私も10社以上面接を受けたわけですが、完璧な面接はありません。あったとしても自分がそう思っているだけな場合がほとんどです。もちろん、失敗したこともあります。

 

IT転職面接の自己紹介で失敗したことは、職歴を全て伝えたため、話した時間が長すぎたことです。職務経歴書を始めから伝えたわけですが、途中で何か意味がないかも…って思ってしまいました。

 

個人的には、プロジェクトで自分がより活躍できたことだったり、工夫できたこと、規模が大きい仕事を達成できたことなど、ピックアップして話すのが良いかと思いました。とはいえ、長いから落ちるとかではなく、相手が知りたいことを伝えられているかが大切だと感じています。

 

IT転職面接の志望動機で失敗したことは、『当社と同じような企業は多くありますが、その中でなぜ当社なのですか?』に上手く答えられなかったことです。もっと会社のHPを見ておけば良かったと思いました。

 

他にも、転職の面接で当社を選んだ理由に会社名が良いと言った結果…という記事も書いたとおり、様々な失敗をしています。ですが、全て良い経験に変えて、次成功すれば良いだけです。

 

 

いろいろ失敗することもあるかと思いますが、落ち込まずに次に活かしてほしいと思います。

 

 

おわりに

 

今回はIT転職面接でどんな質問される?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

転職する上で登録することが多いのが転職サイトですが、転職サイトには転職ノウハウなど参考になることもたくさん載っていたり、メールも来たりします。

 

最近来たメールでは、『面接落ちの原因10パターンと対策』のように良い情報もたくさんあるので、私のおすすめしている転職サイトには登録した方が良いです。

私のおすすめ転職サイトはこちら

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ