転職(退職)を決意したきっかけって何?

a0002_002805

 

転職(退職)を決意したきっかけって何ですか?

 

今回は転職(退職)を決意したきっかけって何?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

これを見ているあなたは、転職(退職)を考えているかもしれませんし、まわりの人がそうなのかと思います。

 

転職(退職)を決意したきっかけって人によってそれぞれですよね。

 

私の体験を含めて、思ったことを書こうと思います。

 

 

私が転職(退職)を決意したきっかけ

 

前回、『IT系の仕事で退職を考えたつらかった時期』という記事を書きましたが、このつらかったときでさえ退職を考えるものの実際に退職までしませんでした。

 

では、いつ決意したのか?

主な三つです。

 

 

リーダーをしたり頑張りましたが、給料は約8年間で2万円上がったくらいで、役割に対して給料が少ないと感じたのが大きかったです。

 


スポンサーリンク

 

転職(退職)を決意したきっかけは?

 

私だけでなく他の人はどうなんだろう?と思い、調べてみました。

転職(退職)を決意したきっかけはいろいろあるようです。

 

  • 給与・待遇・評価。
  • 人間関係。
  • 仕事内容。

 

人間関係もきっかけとしてありますが、やはり多いのは給与・待遇・評価と仕事内容でした。中でも、給与・待遇・評価が一番多いようです。個人的には仕事が大変なのに給料が良くないのが原因かと思います

 

やはり、将来が不安、やりたい仕事をしたいようですね。

 

 

退職する前に…

 

私は退職する手順しか考えず退職してしまいましたが、今では退職する前に、転職サイトの登録自分の市場価値の診断自分の強みの診断などはしておいた方が転職活動もしやすくなると思いました。

 

やはり、退職する前にどんな企業があるか、自分の市場価値や強みを知っておくと分析できて良いからです。

 

 

おわりに

 

今回は転職(退職)を決意したきっかけって何?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ