アラサー(20代後半と30代前半)の平均年収は?

a0006_000105

 

平均年収が気になったので調べてみました!

 

今回はアラサー(20代後半と30代前半)の平均年収についての記事となります。

 

 

はじめに

 

自分の年収はわかるけど、平均年収っていくらなんだろう…?

 

って思われるかと思います。

 

そもそも自分の年収って平均と比べて高いの?低いの?

ってかなり気になりました。

 

調べてみました。

 


スポンサーリンク

 

アラサー(20代後半と30代前半)の平均年収

 

実は国税庁のHPに『民間給与実態統計調査の調査結果報告の資料』が載っています。2014年(平成26年)のデータとなりますが、参考にしてください。

 

民間給与の実態調査結果(全データ)PDFファイルのP19『年齢階層別の平均給与』を見た結果です。

 

  • 25歳~29歳:344万円(男:378万円、女:297万円)
  • 30歳~34歳:392万円(男:446万円、女:301万円)

 

他にもさまざまなデータがありますので、良かったらご覧いただければと思います。

 

そして、転職サイトDODA(デューダ)の平均年収データです。(2014年9月~2015年8月にDODA転職支援サービスに登録した約22万人のデータを元に正社員の平均年収)

 

  • 25歳:337万円(男:350万円、女:321万円)
  • 26歳:355万円(男:370万円、女:333万円)
  • 27歳:371万円(男:389万円、女:342万円)
  • 28歳:387万円(男:404万円、女:357万円)
  • 29歳:406万円(男:425万円、女:370万円)
  • 30歳:420万円(男:441万円、女:377万円)
  • 31歳:427万円(男:450万円、女:379万円)
  • 32歳:436万円(男:463万円、女:380万円)
  • 33歳:445万円(男:473万円、女:378万円)
  • 34歳:455万円(男:486万円、女:385万円)

 

そして、単純に平均を出してみました。

  • 25歳~29歳:約371万円(男:約387万円、女:約344万円)
  • 30歳~34歳:約436万円(男:約462万円、女:約379万円)

 

DODA(デューダ)の平均年収データの方が高いですが、民間給与の実態調査結果は非正規も含んでいるのと、そもそも元のデータが違うためです。

 

それでも参考に見るなら問題ない数字だと思います。

 

 

感想

 

これを見てあなたは高いと感じましたか?低いと感じましたか?

 

業種や職種にもよるので、実際はそれらも含めて比較したいところですが、単純に年齢でいったとき、あなたよりも高い給料をもらっている人がいる可能性があるのは事実です。

 

個人的には『本当だったらもっと高い金額が欲しい』、でも『現実を見るとそこまでもらえるのかが疑問』って感じです。

 

新卒入社の場合、どうしても新卒時の印象を上司が持っている可能性があり、なかなか業績が評価されない気がします。なので、転職することも一つの手段なのかと思います。

 

同じ業界で経験ありの転職は年収が上がる可能性が高く感じるからです。(もちろん役割にもよりますが)

 

そして、転職する前に自分の市場価値を診断しておくべきです。参考程度に受けてみていただければと思います。

 

 

おわりに

 

今回はアラサー(20代後半と30代前半)の平均年収についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ