転職活動に必要なマインドとは?気持ちの整理や切り替え方

転職活動する気持ち

 

転職活動をしたいですが、上手くいかなかったらと思うとこわい…

 

今回は転職活動に必要なマインドについての記事となります。

 

 

はじめに

 

何かしら目的があって転職をするために転職活動を始めるかと思いますが、内定できなかったらどうしよう…転職先の会社が今よりひどかったらどうしよう…など、不安があるのではないでしょうか?

 

私も含めてほとんどの方がそう思うことはあります。なので、あなたがこれから転職活動を始める・転職活動中なら、私が思う転職活動に必要なマインドを知っておいてほしいです。

 

 

転職活動に必要なマインドとは?

 

転職活動に必要なマインドは、内定できずに不採用でも気にしないことです。

 

基本的には、一つの転職先企業にこだわらず、自分の中の転職の目的・優先順位で応募する企業・候補を決めて、応募していき、転職活動をしていった方が良いと思います。

 

なので、転職サイトの登録数が一つなどでは話になりませんので、複数登録して視野を広げる必要があります。

私のおすすめの転職サイトはこちら

 

正直、転職活動者というのは意外と多いです。私は中小企業を中心に面接を受けましたが、それでも私以外に面接を受けていた方はいました。

 

なので、当然ですが、応募すれば必ず内定できるわけはなく、他の転職活動者というライバルもいますし、ライバルの方が自分より優れているなんてよくあることです。それに、企業側が欲しい人材か当てはまらなければ、落ちても仕方がないことです。

 

基本的に5~10社受けて良くて1~2社の内定で、残りは落ちると思っていた方が良いです(ただ、業種・職種の経験有無、年齢など条件・環境によって変わってきます)。

 

ちなみに、あなたの予想内定獲得社数などの『転職力』はこちらで知ることができます

予想年収や内定社数を無料で診断できる転職力診断テストはこちら

 

だから、気にしたって仕方ありません。個人的には、『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』のように不採用でも気にせずに転職活動をしていくことが大切だと思います(中には不採用だと思ってたのに内定したなんてこともあります)。

スポンサーリンク

 

そして、転職先企業に入社して今よりひどかった場合でも、また転職すれば良いだけです。現に私の友人は、転職先を2ヶ月か3ヶ月で辞めるなど、1年で3回転職したこともあり、今ではそこまで不満のない会社で働いています。

 

結局、あなたの人生なので、どうするかはあなたが決めることです。ただ、後悔はしてほしくないと思います。

 

 

転職活動で気持ちの整理や切り替え方

 

転職活動で気持ちの整理や切り替え方は、私の場合、『私を不採用にしてもったいない・相手は見る目がない』と思い込んでいます

 

明らかに失敗した点があれば、反省とともに見直す必要があります。それか、何度面接を受けても不採用の場合、原因を考えた方が良いです。話し方なのか、年齢なのか、職務経験なのか、考えられる原因は様々ですが、その原因をどうカバーできるかが重要です。

 

失敗した点がないと思うなら、気にせず転職活動を続けるだけです。正直、悩んでいる時間が無駄だからです。起こってしまったことは仕方ないので、次どうするか・どう行動するかが大切です。

 

そして、失敗することを考えるのはよくないです。自信をもって転職活動してほしいと思います。

 

 

転職活動をする上で必要なこと

 

転職活動に必要なマインドなどをお伝えしてきましたが、実は転職活動をする上で必要なことがあります。その転職活動をする上で必要なことは、『お金』です。

 

独身で一人暮らしでも実家暮らしでも奥さんや子供など家族がいる方でも、もちろん、お金は前提になってきます。お金がないと転職活動をしている余裕がないからです。

 

それに、焦って自分の希望していない企業に転職してしまうことだってあります。正直、転職活動をできるだけのお金がないと、転職に失敗してしまう可能性が高いわけです。転職活動に失敗しないためにはこちらの記事でお伝えしていますので、良かったらご覧ください。

 

 

おわりに

 

今回は転職活動に必要なマインドについてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

転職活動をする上で意識した方が良いことは他にもありますが、まずは『転職活動役立ち情報まとめ』でも参考にご覧ください。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ