転職活動は雨の日でもする?面接など対策することは?

転職活動が雨の日

 

今日は面接だけど、雨が降ってる…

 

今回は転職活動は雨の日でもする?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職活動をするということは、平日でも土日でもできますし、もちろん、晴れの日だけでなく、曇りの日や雨の日に面接なんていうこともあります。

 

そんな転職活動は雨の日でもするのかを、私の体験や考えをお伝えします。

 

 

転職活動は雨の日でもする?

 

転職活動は雨の日でもするかは、雨の日でもします。求人情報のチェックや応募などであれば、晴れの日でも雨の日でも特に問題なくできますし、面接の日に雨が降ることも時期によっては、十分あり得るからです。

 

なので、雨の日でももちろん、面接はあります。ただ、暴風雨や台風など、悪天候の時もあるかもしれませんので、早めに家などを出て面接地に向かったり、状況によっては、メールや電話などで遅れや時間変更のやり取りをすることもあるかもしれません。

 

あなたのペースで転職活動すれば良いかと思いますが、もし、転職の面接が雨の日にあった場合に意識した方が良いことをお伝えします。

 

 

転職面接が雨の日なら対策することは?

 

転職面接が雨の日なら対策することは、遅れないように予定より早く出発したり、雨で濡れないようにしたり、濡れてもしっかり拭くなどします


スポンサーリンク

 

例えば、以下があります。

 

  • 電車やバスなどの交通機関の遅れを考慮して、予定より早く目的地に向かう。
  • 履歴書やエントリーシートなどの重要書類は、クリアファイルなどに入れる。
  • 突然の雨に備えて、折りたたみ傘など用意する。
  • 雨で濡れた後に拭くために、カバンには必ずハンカチ・タオルなどを入れておく。

 

などです。転職活動者の中には、カバンや靴に、防水スプレーをかける方もいるようです。

 

濡れた折りたたみ傘などをカバンに入れると、書類などが濡れる可能性もあるので、傘はキレイに拭いてたたんでカバンと一緒に持ち歩いたり、ビニール袋に入れてカバンの中にしまったりなどするのが良いかと思います。

 

雨の日は髪型の乱れや濡れたスーツやコート、カバン、泥が足元につくこともあるかもしれませんので、会社の建物(ビルなど)に入る時にしっかり拭いた方が良いです。

 

企業側(面接会場の入口など)に傘袋や傘立てがある場合は利用させていただいても良いと思います(通してもらう時に傘立ての有無を確認しても良いかと思います)。

 

私の場合、折りたたみ傘を拭いてキレイにたたんでカバンの中にしまいましたが、面接室に持ち込んだ場合、カバンとともに椅子の横に並べて置けば良いかと思います。

 

置いた傘は忘れないように注意が必要です。もし、忘れた場合、問い合わせの連絡をすぐ電話でした方が良いです。

 

折りたたみ傘でない場合、傘立てを使うとビニール傘だと間違われて持っていかれるかもしれませんので、ビニール傘でない傘が良いと思います。

 

雨の日に転職面接でもしっかり対策し、焦らずに面接を受けられるのが良いかと思います。

 

 

おわりに

 

今回は転職活動は雨の日でもする?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ