失業手当の求職活動実績とは?

a0002_000151

 

失業手当を受給するには求職活動の実績が必要なのって知っていますか?

 

今回は失業手当の求職活動実績とは?についての記事となります。

 

 

はじめに

 

失業手当の求職活動実績って何をすればいいの?

 

って思われるかと思います。

 

私の体験を含めて、思ったことをお伝えします。

 

 

失業手当の求職活動実績

 

『雇用保険受給資格者のしおり』や『ハローワークインターネットサービス』のページに書いてありますが、個人的な実績です。

 

  • 求人への応募。
  • ハローワークの職業相談、職業紹介を受ける、講習、セミナーの受講など。
  • 民間企業の職業相談やセミナーの受講など。
  • 資格試験の受験。

 

ハローワークのパソコン(求人検索機)で仕事を検索する(求人情報の印刷含む)ってネットで見ますが、場所によっては認めてもらえないところもあるようなので、個人的には上記の求職活動をすればいいかと思います。

 

 

求人への応募

 

求職活動実績ですね。

気になる企業があるならどんどん応募した方がいいと思います。

 

 

ハローワークの職業相談、職業紹介を受ける、講習、セミナーの受講など

 

ハローワークの職員との職業相談なども求職活動実績となります。

適性検査なども受けることができたと思います。

 

そして、履歴書や面接についてのセミナーもあるので、受講した方がいいと思います。

履歴書のセミナーは微妙でしたが、面接の方は受講して良かったと思いました。

スポンサーリンク

 

 

民間企業の職業相談やセミナーの受講など

 

転職サイトの企業の職業相談やセミナーの受講も求職活動実績となります。

 

転職フェア(合同企業説明会)に参加して、エージェントと相談したり、企業の説明を受けて相談(面談)したりも良いと思います。

 

 

資格試験の受験

 

求職する(有利になる)ために資格試験の受験をすることも求職活動実績となります。

 

勉強できる今のうちに資格はとっておくのが良いです。

 

 

感想

 

転職活動をしていれば何の問題もありません。

 

ただし、単なる、ハローワーク、新聞、インターネットなどでの求人情報の閲覧、知人への紹介依頼などは求職活動にならないので注意が必要です。

(ハローワークでの求人情報の閲覧・印刷は、場所によって認められるかもしれませんが)

 

求職活動は、基本は認定対象期間で原則2回以上ですが、状況によってかわることもあります。(最初の認定日とか)

 

私の場合は、特に問題ありませんでした。(求職活動実績が足りなくて、一度、指摘を受けたことがありますが)

 

間違っても嘘の報告などはしないようにしましょう。

 

 

おわりに

 

今回は失業手当の求職活動実績とは?についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

次回は『最後の失業認定日(失業手当)と個別延長給付』についてお伝えします。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

最後の失業認定日(失業手当)と個別延長給付

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ