転職活動を離職中にする場合に意識することや期間は?

転職活動を離職中にする

 

転職活動を離職中にする場合に意識することって何なの?

 

今回は転職活動を離職中にする場合に意識することや期間についての記事となります。

 

 

はじめに

 

転職活動を離職中にするかどうか悩んでます…

あなたもそうなのではないでしょうか?

 

よく転職活動を在職中にするか、離職中にするかで迷うと思いますが、間違いなく在職中にした方が良いです。なぜなら、経済的な不安が少ないため、精神的に追い込まれないからです。

 

とはいえ、在職中にも離職中にもメリット・デメリットがありますし、あなたにも離職中に転職活動をしなければならない理由があるかもしれませんので、転職活動を離職中にする場合に意識することをお伝えします。

 

もし、在職中にできて転職活動に不安がある場合、転職エージェントを利用すれば良いだけです。

 

 

転職活動を離職中にする場合に意識することは?

 

転職活動を離職中にする場合に意識することは、『お金』と『離職期間』です。

 

退職後にかかる費用…必要なお金はいくら?の記事でもお伝えしましたが、離職するとお金がかかります。かかるお金は、あなたが思っている以上だと思います。

 

貯金があれば問題ありませんが、退職してすぐに転職できると思っても必ずした方が良いことと、退職金で何とかするしかありません。バイトは、最終手段としてなるべくせずに転職活動に集中した方が良いです。

 

お金の問題がクリアできたら、次に意識することは、離職期間です。

 

 

転職活動を離職中にする場合に意識する離職期間は?

 

転職活動を離職中にする場合に意識する離職期間は、6ヶ月間です。

スポンサーリンク

 

面接のときに必ずといっていいほど、『ブランク期間に何をしているか』が聞かれます。3ヶ月以内であれば、聞かれなかったり、転職活動をしていることを話せば問題ありませんが、6ヶ月を過ぎるとその回答では、感触がよくないためです。

 

なので、なるべく3ヶ月で転職したいところですが、3ヶ月は順調にいってなので、なかなか決まらないことも多いです。6ヶ月以内であれば、企業にもよりますが、まだ大丈夫だと思いますので、『6ヶ月』を意識しておきます。

 

とはいえ、都合などで6ヶ月を過ぎる場合もあるかもしれません。その時は、次のことを解決するようにします。

 

  • 仕事をする意欲
  • ビジネス勘・スキルの鈍化

 

やはり、仕事をしない期間が長くなるにつれて、仕事をしたくなくなります。たまに、仕事をしないと暇という場合もありますが、一時的ですし、社会復帰できる・仕事をする意欲を伝えれば良いです。

 

ビジネス勘やスキルも仕事をしない期間が長くなるにつれて、忘れていきます。なので、資格の勉強や家族の介護などの理由を伝えます。基本的には、ビジネス勘やスキルを忘れないだけでなく、入社後に努力できるかが重要となります。

 

私の場合、IT系だったので、資格の勉強をして受験したこと、自宅で自分の得意とする開発環境を構築していて、検証したり開発していることなどを伝えました。

 

よく新入社員は、教えられて当然のような気持ちでプロ意識が低い方もいます。転職では、即戦力が好ましいですが、積極的に調べて勉強する努力も必要です。その意気込みを伝えれば良いだけです。

 

 

その他

 

転職については、転職の手順をご覧いただければと思います。

 

もし、転職サイトにも登録していない場合、登録してどんな企業があるのか見るだけでも、転職に近付けるので、私のおすすめの転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

 

 

おわりに

 

今回は転職活動を離職中にする場合に意識することや期間についてお伝えしました。

少しでも参考になればと思います。

 

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク




転職できないあなたへ

転職できないあなたは、自己分析できていない可能性が高いので、以下の二つをクリックしてテストを受けてみてください。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ